eCima総研 人事労務便り(平成30年3月号)です!!!

記事タイトル
・厚生労働省「モデル就業規則」が改定されました!
・「請負契約のフリーランス」を独禁法で保護へ
・日本国内で雇用される外国人数が過去最高を記録
・どう変わる? 平成30年度以降の「キャリアアップ助成金」
・「働き方改革」って実際進んでいるの?
・メタボ健診・特定保健指導受診で健康改善&医療費抑制効果を確認
・国内企業の3分の2が後継者不在!
・労働損失は“うつ”より大きい! 「腰痛対策」について考えてみよう
・政府が推進する「リカレント教育」とは?
・若手人材の確保にも効果あり! 「地域限定正社員」
・3月の税務と労務の手続[提出先・納付先]

詳しくは、
人事・労務に役立つ News Letter


人気ブログランキングへ ←応援お願いします


人事・労務に役立つNews Letter「eCima通信」(平成30年3月号)です!!!

トピックス
平成30年3月分からの協会けんぽの保険料率
中小企業の従業員の方を中心とした健康保険を取り仕切る全国健康保険協会は、基本的に、毎年1回、3月分(4月納付分)から適用される保険料率の見直しを行っています。
平成30年3月分(4月納付分)から適用される保険料率は、次のように決定されました。

厚生労働省がモデル就業規則を改定 副業・兼業に関する規定の整備などを実施
厚生労働省から、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」が公表されました。
注目すべきは、これに合わせて、厚生労働省が公表している「モデル就業規則」が改定されたことです。以下で、ポイントを紹介しておきます。

詳しくは、
人事・労務に役立つ News Letter


人気ブログランキングへ ←応援お願いします


eCima総研 人事労務便り(平成30年2月号)です!!!

記事タイトル
・4月施行!「改正障害者雇用促進法」のポイント
・2018年度から「労働移動支援助成金」を縮小へ
・「平成29年度 就労条件総合調査」の結果にみる労働時間の実態
・国際比較にみる 日本の労働生産性水準
・今後求められる企業の福利厚生とは?
・調査結果にみる「副業」に関する時間と収入の実態
・年代別に差がなくなってきた「心の病」
・生産性に深刻な影響も! 検討したい「職場の花粉症対策」
・「学校における働き方改革」の動向と今後の課題
・取得率はわずか3%、男性社員の育休事情
・2月の税務と労務の手続[提出先・納付先]

詳しくは、
人事・労務に役立つ News Letter


人気ブログランキングへ ←応援お願いします